アイピルについて

ノルレボ(アイピル)とプラノバールは何が違うの?

種類によって飲み方が違う

男女の中で、最高の気分を味わうことができるセックス。お互いの気持ちが高まれば高まる程、身体と心を強く結びつけてくれます。
しかし、セックスの時にどうしても気をつけておかなければならないのが、避妊です。コンドームやピルで避妊をすることで、ハプニング的な妊娠を防ぐことができます。

ただ不幸にして避妊に失敗することは、ゼロではありません。その時に、緊急措置として利用することができる避妊薬があります。それがアフターピルです。性行為後に服用することで、妊娠を回避することができます。アフターピルにも種類があるので、その特徴や服用の方法を知っておかないと大変なことになってしまいので、注意が必要です。

2種類のアフターピル

アフターピルは現在、主流となっているノルレボ錠の他にプラノバールというものがあります。ノルレボは、国内の製薬メーカーが開発したアフターピルで、避妊に失敗した女性が、産婦人科に通い処方を受けて服用されています。

では、このノルレボと、プラノバールとはどんな違いがあるのでしょうか?

プラノバールとは?

これはヤッペ法という避妊法で使われる避妊薬です。ヤッペとは、人の名前が由来していますが、カナダの産婦人科のヤッペ医師が発案した方法です。プラノバールは、セックスで避妊が失敗した後にアフターとして服用しますが、最低でも行為後72時間以内に、1度飲むことになります。
そして、追加的に12時間以内に飲むことになります。服用量は同じなのですが、これで排卵を抑えたり、着床を防ぐのです。

プラノバールを使うヤッペ法の避妊率は約60%が平均的なデータとして挙げられています。個人差はあるものの、このような効果があるのが、実情です。

ノルレボとは?

アイピルは1錠で良い
これに対して、後から出てきたアフターピルがノルレボ錠です。大きな違いは、服用回数が1回で済むということです。セックス後、72時以内の服用は同じですが、これだと妊娠していないかと心配している女性にとっては、精神的にもかなり安心できる避妊薬と言えるでしょう。しかも、国の認可を受けているので、産婦人科に行くと、ほとんどの先生が勧めるのが、ノルレボ錠なのです。

ヤッペ法は国からの認可を受けていないことから、各病院、各医師の判断の下で行われていましたが、ノルレボはそのような背景がないことも、主流となっている理由になっています。

費用は大きく異なる

しかし敢えてデメリットを挙げるならば、費用が高額であるということです。保険適用外なので、ノルレボは、約10,000円程必要になってきます。しかし、ヤッペ法の場合は5,000円程度でおさまりますので、少し迷うことでしょう。とはいっても、中絶の手術を考えれば、費用負担の大きさ、精神的なので負担から開放されることも、理解しておくと判断に迷うことはないと思います。

ヤッぺ法の隠れたリスク

もう1つヤッペ法を言うなら、喫煙習慣のある女性の人は、注意が必要です。この方法では、中用量のピルを用いることになりますので、一般的なピルの副作用として、挙げられる血栓症の心配もあるのです。したがって、可能な限り、ノルレボを服用することが望ましいと言えます。

アイピルはノルレボと同じ服用方法

ノルレボとアイピルはほぼ一緒の成分
このように2回の服用が必要なヤッペ法は、72時間そして12時間と2回の服用が必要なために、どうしても妊娠のプレッシャーと煩わしさが残ってしまいます。しかしノルレボでは、金額でためらいを覚えてしまう人も少なくないでしょう。この時におすすめできるアフターピルが、アイピルです。アイピルもノルレボと同じように、72時間以内の服用で済みます。

避妊率もヤッぺ法と異なり90%に近い確率なので、信頼のおける避妊薬です。しかも、ノルレボと比べても費用が安いのも特徴です。
5,000円〜8,000円程度のレベルです。実はアイピルはノルレボのジェネリック医薬品なので、安く済むのです。しかも、インターネットで個人輸入の形態を取り、通販で購入することができますので、産婦人科の処方を受ける必要もありません。

そのようなことから、病院に行くことに躊躇いを持っている人や常に緊急避難的な避妊の心配を感じている女性の人が事前にネット購入して、携行されているケースも増えてきています。

服用に関しての注意、そして緊急避難的に飲むアフターピル

アフターピルもこれらの種類があるのですが、共通して言える副作用があります。それは嘔吐感です。服用にて、ホルモンバランスが急激に崩れて来ることから、腹痛や嘔吐になるケースが出てきます。いくら72時間以内に飲んでいたとしても、嘔吐で薬を吐き出してしまうことがあります。
もし、服用後2時間以内に吐いてしまったら、吸収されていない可能性が高いので、再服用が必要なことを忘れないようにして下さい。

アフターピルの服用は、種類によって回数が異なってきますか、基本的にはセックス後に飲むことが前提です。しかし、身体への負担が大きいことから、あくまで緊急的な薬だということも覚えておく必要があります。

女性に人気のアイピル、その口コミは?

細かい情報を集めている女性

もしも、望まない妊娠をしてしまった可能性がある場合に強い味方になってくれるアフターピル。その中でもアイピルの人気が高いのは知っていますか。
それは、産婦人科などで避妊薬として一般的に処方されているノルレボ錠のジェネリック医薬品で安全性が確保されている上に安いこと、と1回1錠服用するだけの簡単さが関係しています。

またノルレボ錠が出てくる以前に、用いられていたヤッペ法という2回に分けて服用しなければいけない服用方法より副作用は軽減されているというも関係しているようです。それでは、実際にアイピルを服用したことがある人の口コミや評価をみてみましょう。

S.Nさん:副作用は半日程度で収まりました。

先日初めて、服用しないといけない状況になりました。服用後、薬の効き始めから吐き気まではいかない、むかつきが続きました。吐き気があれば、吐いて多少はスッキリ出来たかもしれませんが、それが無かったので耐えるしかありませんでした。あとは少し重い生理痛のような痛みが出ました。こうした副作用は半日程度でほぼ収まりました。

それから約1週間後に無事、生理が来て本当に安心しました。少し副作用は辛かったですが、安静にしていれば問題はありませんでした。無理に生理を起こす働きを持つ薬なので、仕方の無いことかなと思います。もうアフターピルには頼らないように気をつけたいと思いますが、緊急時の為に持っておこうと思います。

Y.Tさん:生理痛程度の腹痛の副作用でした。

通常通り
彼氏が避妊をしようとしない時があり、強く言えずに押されてそのまま終えてしまいました。友人と一緒に念のために購入していたアイピルがあったおかげで、避妊に成功しました。友人は副作用もあって、ちょっとしんどかったと言っていましたが私は少し生理痛のようなお腹の痛みがあるぐらいでした。

このまま彼氏に話してしまうと、じゃあこれからもアイピルがあれば良いと思われるのも嫌なので辛かったことにして今後は私のことを考えた上で、行動してくれるかちょっと試してみたいと思います。もし変わらなければ、付き合いも考えなきゃなと思っています。

H.Oさん:副作用は少し重い生理痛ぐらいでした。

若い頃から生理不順と避妊の為に、低用量ピルを飲み続けていました。そして、不順が落ち着いてきたのと年齢的にも妊娠の可能性をもう少し広げてみても良いかなと思い、緊急時だけアフターピルを服用することにしました。ある日コンドームをしていたのですが、後になって外れてしまっていたことに気付きました。その時、彼と二人でこのタイミングの妊娠はさけようという話になり、アイピルを服用しました。低用量ピル服用後、念のために買っておいたアイピルで事なきを得ました。

副作用は、少し重い生理痛ぐらいだったのですが彼には少し辛そうに見えたようで「次は気を付ける」と申し訳なさそうでした。それだけ、考えてくれてもいるようで嬉しさもありました。また今じゃ無いタイミングに妊娠の可能性があった時の為に、アイピルは自宅に置いておくようにします。

R.Sさん:冗談半分で購入していて、無事避妊成功!

友人と旅行の予定を組んでいる時に、冗談半分でピルも持って行こうという話になり、アイピルを購入していました。それから1週間ほど経って、忘れていたところにアイピルが届きました。その翌日旅行に出発だったのですが、使うことは無いと思いながらも「もしも」のことがあっても嫌だなと思って持って行きました。

そして旅行先で友人の知り合いと飲んだ後、お酒の勢いでしてしまっていました。翌朝慌ててアイピルを飲みました。それから少し不安はありましたが、4~5日後に生理が来て、避妊が成功したと分かりました。

あの時冗談半分でも買っておいて良かったと心から思いました。その時の友人にもお礼を言いました。もう使わないように気をつけていますが、今はもしもの時の為に常備しています。

事前に購入していて良かったと評判

喜ぶ女性
こうしていろいろな意見がありますが、多くの人が事前に買っていて良かったと言っているのが分かります。病院処方では、避妊薬を服用したいその時、服用する分しかもらえないので通販サイトなどで購入していることが分かります。

通販サイトと言っても、個人輸入代行の方法なので海外から商品が発送されてくるので、注文から4~10日前後はかかると思っていた方が良いでしょう。そのため、安く事前に購入できる個人輸入代行通販サイトでアイピルを購入して、お守り代わりに持っておく女性も少なくないのです。

安すぎると危険な偽物のアイピル

いろいろな薬

計画外妊娠の可能性がある時、救ってくれるのがアフターピルです。その中でも安くて手に入りやすいアイピルは人気の商品です。アフターピルの中には複数回の服用で避妊効果を最大限発揮するものもありますが、その場合は飲み忘れてしまうと効果が半減してしまう可能性もあります。しかし、アイピルは1回に1錠の服用だけで済むので、簡単に避妊効果を発揮してくれるのです。

その効果は性行為後24時間以内で95%程度、72時間以内だと75%程度という高い避妊効果でありながら、安いという嬉しい商品です。しかし、人気であるが故に偽物も出回るようになってしまいました。特に危険なのが、あまりに安く価格設定をしている通販サイトです。そうしたサイトから購入すると、偽物で健康被害に遭ってしまうということも起こっている実情があるのです。比較的安く手に入るアイピルも、安すぎるものは偽物で危険だということを認識しておきましょう。

偽物には効果が無いだけじゃない!?

麻薬中毒者かも
避妊薬などは、病院で処方してもらうことに抵抗がある人や安く手に入れたいと言う人が多く利用するはずです。その心理を逆手にとって、偽物を送りつけてくる業者もいるのです。その偽物とは効果が無いだけであれば、実はまだ安心なのです。なかには、強すぎる副作用や重篤な健康被害が起きたという実例もあり、海外では生死をさまようほどの被害も出たことがあると報告があります。

こうした偽物の薬を生産している工場は、とても不衛生でさまざまな害虫もいるような場所でもあるといいます。また覚せい剤なども同じ工場で製造していて、それが偽物のアイピルに混ざり、麻薬中毒に陥れた事例もあります。通販サイトでの薬の購入は違反ではありませんが、服用に関しては完全に自己責任になります。そのため、直接身体に取り入れる薬などの購入は特に注意が必要なのです。

購入前にアイピルの偽物の判断は難しいのが現実

サイト内だけでの情報で、アイピルが本物かどうかの判断ははっきり付けられないのがもどかしいところです。ただ、アイピルの購入方法としては個人輸入代行通販サイトより購入して、本人のみが使用可能で他人への譲渡や売買は違法行為です。そのため、個人輸入代行のサイトでないと、そのサイトはウソの情報を掲載しているということになります。さらには電話対応を行っていなかったり、クレジット決済が出来ないサイトは危険な可能性が高いことがいえます。

購入する実物は目に見えないので、そうしたサイトの情報から信用性があるかどうかの判断になります。利用者からの口コミなども判断材料にはなりますが、良い口コミばかりだと少し信憑性は欠けてしまいます。周りにそのサイトの利用者がいない状況で、商品購入前にアイピルの偽物がどうかなどの判断をハッキリ付けるのはとても難しいことです。

信頼できるサイトを見つけることで本物のアイピルが買える

ほっとしている女性
比較的安く手に入るアイピルですが、他サイトと比べてみて安すぎる金額の場合は疑うようにした方が良いでしょう。また、サイトの作りがしっかりしているかどうかも見て、適当な作りだと偽物を販売する用のサイトの確率が高いです。それ以外にも、サイト名と口コミや評判などを調べてみて、これまでに何かトラブルが無いかみてみましょう。

もし周りにそのサイトを利用したことがある人がいれば、より確実で安心ですね。もし初めての利用でも、信頼できると判断して一度問題が無ければ、そのサイトの利用を続けられます。安いからという1点だけにつられて、購入して健康被害のある薬を摂取してしまえば取り返しのつかないことになるので、「安い」だけの理由で選ぶことは避けましょう。

アイピルの服用自体が初めての場合

アフターピルの中でもアイピルは比較的、副作用も重篤な症例は報告されていません。ただ、症状は人それぞれなのでアフターピルやアイピルを初めて服用した後体調に異変を感じた場合、早めに医師の診断を受けるようにしましょう。

また通販サイトに注文した後で、実物を見て「本物じゃない」と気付けるのも本物を知っていないと出来ないことです。そのため、初めての人はアイピルが自分に合うかどうか知ることも含めて一度は病院できちんとした避妊薬であるノルレボ錠を処方してもらうことをおススメします。